初めから選んでいたら良かったかもしれません

公立高校に通っていた息子ですが入学出来た事自体が夢のようで、このまま卒業出来るものだと思っていましたがまさか夏休み前にその夢が終わるとは思ってもいませんでした。
何が原因かといえば勉強に着いていけなくなったと言う事でしょう。
そして人間関係かもしれません。
上の子達にはない勉強に着いていけないという息子自身の問題に直面した時に目が覚めました。
最初から無理だったのだと
無理をして入学したものの、その状態を息子が続けられるかといったら無理だったんです。
しかしせっかく入学出来た高校ですから息子を説得もしました。
もちろん先生も一緒に頑張ろうとも言ってはくれましたが息子の頭と心はいっぱいいっぱいだったのでしょう。
そこで最終学歴は高校であって欲しいと言う私達の希望だけは息子に聞いてもらい選んだ高校が通信制だったんです。
通信制という学校が私には全く無縁な場所だったので最初は戸惑い分からない事だらけでした。
学校が変わっただけで人間関係が苦手な息子は行く様になるのだろうかという不安もありました。
入学の際に先生にその旨の話をし気を掛けてくれるようお願いをしておきました。
特別活動なる行事にも出席し少しですが友達も出来たようで公立高校に通っていた時より笑顔が増え言葉使いも以前のような荒々しい感じではなく普通になり穏やかになりました。
しっかり通い続け授業にも出席し単位も取得し来年には卒業も決定しています。
息子にとったら少し遠回りをしましたが通信制高校に通わせ良かったと思っています。 参考HP⇒通信制高校選びに失敗しないためのサイト【通信制高校チョイス】

無理のない高校の選び方

子供達の進路をまだまだ公立高校や私立高校を選ぶ傾向にありますが私の息子もその1人でした。
子供の学力は親自身が分かっているはずなのですが周りに流され先生にも公立高校か私立高校を勧められそのままの流れで決めてしまうのは仕方がない事かもしれません。
しかし学力がついていけないと分かっていても公立高校や私立高校に入れてしまってもいいのかと言えばそうでない時もあります。
入学してから勉強しだし頑張るお子さんも居ますがそうでないお子さんも居ます。
そして中退をした後何もしないまま家に居る子もいます。
そんな時にお勧めしたいのが通信制高校です。
学力はもちろんですがイジメや対人関係が苦手というお子さんでも無理なく通え高卒資格取得も出来るんです。
それには最低限学校に通いスクーリングやテスト、学校によっては特別活動等などがあるのでそれらをクリアしなければなりませんが、お子さんに出来る様な活動等もあります。
対人関係等が苦手なお子さんでも先生達によるサポートも万全です。
しかし通信制だと進路はどうなるのかと不安がる親も少なくないでしょうが、お子さん次第では大学進学も夢じゃありません。
就職サポートも万全なので自分自身に合った仕事を見つける事も出来ます。
今の時代せめて最低学歴は高卒くらいはないと将来とても不安です。
通信制高校も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

更新履歴
ピアノ買取